スタッフご紹介
  • 医師
  • 看護師
  • 事務スタッフ

西澤寛人 (医師) 理事長 総院長


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


人と接することが好きで、人の役に立つ仕事に就きたいと思っていました。
そんな時、大病をわずらい入退院を繰り返しているとき、治療にあたってくれているお医者さんや看護師さんの温かさにふれ、将来自分もこんな仕事がしたいと思い、医師を志しました。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


夢や理想を現実にできる場所。
患者さんのための治療ができ、患者さんを体のことを心配し、そしてスタッフ全員が生き生きと患者さんがよくなるように働ける場所。
みんながおだやかな気持ちになれる場所。


3. 患者さんへの約束


私はあなたの主治医を目指します。
あなたの体のことを、あなたのわかる言葉で、あなたがわかるまで説明します。
丁寧な説明と納得のいく治療を心がけます。
そして常に患者さんの体の心配がなくなるように、最適の検査や治療の提案をします。
そして、患者さんにしっかりとした提案ができるように技術、知識の向上、質の向上をめざすため、勉強に励みます。

桑原 靖(医師)


■経歴


埼玉医科大学 医学部形成外科足の外科専門医師
足の外科専門医師


■ポリシー


足に対する悩みを持つ方が多いにも関わらず、足を専門的に診る医療機関はほとんどありません。この状況に疑問を持ち、この度『足の診療所』を開設する事と致しました。足のことでどの診療科を受診してよいか分からなかった患者様に対し、ストレスフリーの第一歩を踏み出せるよう、専門的なケアをご提供し、足の悩みの解決に努めます。


■専門診療科


足病外科全般

金子 裕子(医師)


■経歴


平成16年 日本医科大学医学部卒業

■目指したきっかけ


父親が医師をしており、その姿を幼いころから見ていました。
いつしか自分も、地域に貢献できる医師になりたいと思うようになりました。


■大切にしていること


患者様との信頼関係です。
相手を思い遣る気持ちを持ち医学的知識、診療技術の向上につとめます。


■専門診療科


内科・一般内科・消化器内科・呼吸器内科

落宰幸子 (看護師) 診療所統括部長


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


高校生の時に「ベットサイドの光景」という本を読んで医療の仕事に興味を持ちました。
その後高校の先生が病気になり入院し、お見舞いの手紙を出したら、「看護師は患者の命だよ。」という一言だけの返事がきました。
その時、不安や悲しみ、辛さ、身体の不自由さを抱えている人に対し、一番近くで力になり、その人の人生に関われ「あの時、あなたが居てくれて良かった。」と思われる仕事がしたいと想い、看護師になりました。
大学病院での臨床経験後、今は大きな病気になる予防の段階や、辛い症状で悩んでいる時に、そばであなたの支えになるという想いで看護師をしています。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


自分が主体となって活き活き仕事ができる場所です。
患者様に対しても、スタッフに対しても笑顔で仕事が出来る場所です。


3. 患者さんへの約束


私は、あなたの症状やお話をしっかり聴き、あなたに合った治療が出来るようにサポートしていきます。
疑問や不安を持たず、安心して検査や治療が受けれるようきちんと説明します。

田村明美 (看護師)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


きっかけは、親の薦めであったが、患者様やその周囲の人達の不安や痛みの緩和が、笑顔や声かけ、触れ合いというほんのわずかなサポートで患者様の明るい表情、満足な表情、感謝の表情をして下さる瞬間に何度も携わる事ができているため。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


今までの職場では強く意識しなかった角度から、患者様はもちろんの事、医療に対してスタッフに対して、また自分自身を見直す事ができる場所。


3. 患者さんへの約束


「わかりません」「できません」は使わない。できる限り患者様の納得できる対応をする。自分が不快に感じる態度、発言はしない。

五十嵐ひろみ (看護師)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


子供の頃からの憧れと、少しでも人助けができればと思い選びました。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


スタッフ同士の協力、気遣いができる素敵な仲間がいる場所。
また、患者様が安心し納得して頂ける場所でもありたい。


3. 患者さんへの約束


安心して治療が受けられるような安全面。
気持ちよく来院できるように院内の清潔面、不快にならないように身だしなみ、それぞれに気をつけたい。

内海由美子 (看護師)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


少しでも患者さんの役に立ちたい。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


私の知識・経験・技術・身体を使って少しでも患者さんの辛い、苦しいところを緩和させて頂く職場。


3. 患者さんへの約束


私の知識・経験・技術を更に向上させて、少しでも早く、辛い苦しいところを緩和させて頂きます。

藤沼清美 (看護師)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


私は、幼い頃から「人」と関わることが好きでした。
そんな私が病む人の為に、何かやれることがあれば…という思いで看護師の仕事を選びました。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


患者さんとの出会いを通して、自分自身が成長できる場だと思います。


3. 患者さんへの約束


いつも笑顔で接します。患者さんの声を大切にします。

佐藤久美 (医療事務)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


幅広い年代の方に接することのできる仕事だからです。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


楽しい仕事ができる場所です。


3. 患者さんへの約束


丁寧な対応を心がけます。

伊藤裕美 (医療事務)


1. あなたはなぜ医療の仕事を選んだのですか?


人と接するのが好きで医療の仕事に携わり皆さんが元気に、笑顔になっていく姿を見届けたいと思ったからです。


2. あなたにとって順齢会は、どんな場所ですか?


人間関係がよい職場。


3. 患者さんへの約束


常に思いやりの気持ちを忘れず1人1人に気を配りどんな時でも笑顔で接しさせて頂きます。